記帳代行をすれば仕事が円滑に進むようになる

営業マンの情報を一元化

システム

情報の共有がもたらす効果

企業にとって営業部門は事業運営に直接影響する最前線です。営業活動の成否が企業の業績につながるのです。そのため多くの企業では営業支援システムを導入しています。営業支援システムの最大のメリットは情報の一元化ができるということです。従来の営業システムは営業マン個々の活動で得た情報は、営業マン1人1人の情報としてデータ化されていたのです。このような方式は営業マン1人1人の営業活動には役立ちますが、他の部門が情報を活用できないという欠点があります。例えば企画部門にとっては、営業マンが顧客から得た情報というのは非常に貴重なデータです。営業支援システムによって営業データを一元化すれば、企画部門と情報を共有できるのです。このような一元化がシステム化されると、営業マンが顧客と接触する前に出先ですぐに顧客情報を見ることができます。それによって営業対策を練ることができ、営業成績につなげることができます。また顧客と会って話し合いをして、そこから得られた情報をすぐにシステムにアップすることができます。このような情報を素早く利用し、共有できるのが営業支援システムのメリットです。営業マンにとって重要なのが営業日報の作成です。従来のやり方では日記風に営業行動をメモする程度のことしかできませんでしたが、営業支援システムを導入すると営業日報の作成を簡略化できるようになります。そして管理者が常に営業マンの活動を把握できるようになります。