記帳代行をすれば仕事が円滑に進むようになる

通話

大事な電話を逃がさない

電話代行は、自分あてにかかってきた電話を転送し、専門のオペレーターに応答を任せられるサービスです。社員全員が営業で外出する際などに利用すると、大事な電話を取り損なうリスクが低減できます。携帯電話への転送サービスもあります。

システム

営業マンの情報を一元化

企業の営業活動を効率的にするのが営業支援システムです。最大のメリットは情報の一元化ができることです。営業マン個人が持っていた情報を一元化することで、企画部門や他の部門でも情報を活用できるようになります。営業マンにとっても必要な情報をすぐに見ることができます。管理者も営業活動を把握しやすくなります。

煩わしい会計記帳を解決

会社員

士業に依頼してみよう

中小企業や個人事業主の方が一番煩わしいと感じる事務処理が「記帳業務」です。会計帳簿に記載し、決算を行う必要があるため一年間の会計処理に関して帳簿を作成する必要があります。税務申告書を提出することによって、特に個人事業主の青色申告・白色申告に関しては税制面の優遇を受けることができますし、関係省庁から会計帳簿の保存を指示されているため、きちんとしたフォーマットで記帳処理を行うことが必要です。ここでおすすめしたいのが、士業による記帳代行です。会計記帳に特化した記帳代行は行政書士も可能ですし、決算書の作成まですべての記帳代行を依頼したい場合は会計士や税理士がお勧めです。記帳代行を依頼することで、客観的な視点で経理の動きを見てもらうことができますし、これまで期末ごとにまとめて記帳していたものがタイムリーに可視化されるので、未来の資金調達の見通しも立てやすくなります。記帳代行は、会計ソフトを使用したものがメインとなっているため、帳簿類も見やすく企業体質を一目で見極めることができます。もちろん貸借対照表等の決算資料も合わせて出力してもらえますので、税務資料として提出することはもちろん、一定期間の保管も安心です。士業に記帳代行を依頼する場合、顧問契約を結ぶことが一般的です。毎月数万円〜十万円程度の顧問料で会計記帳はもちろんのこと業務に必要な行政の更新手続きはもちろん、納税に関する算出作業等も引き受けてくれるので、会社の業務量を減らすことが可能です。

電話

電話対応の悩みを解決する

横浜の会社でも電話代行を利用すれば、電話専門のオペレーターが社員に代わって顧客や取引先からの電話に対応してくれて、その内容を素早く知らせてもらうことができます。さらに、雇用コストが抑えられたり、業務に集中することができたりするメリットもあり、会社の業務や印象のアップにもつながるはずです。